Sightseeing観光のご案内

何鹿神社(いつしかじんじゃ)

何鹿神社(延喜式内 出石鹿いそ部神社)

約1300年前の大宝2年(702年)に創建された、京都丹波地方では最古級の延喜式内社。
平成11年の火災で本殿が全焼。
地元の大工さん等が見事再建させ、平成13年に現在の社殿が完成しました。
毎月1日は月次祭をされています。

<祭神 大山祇命>
山の守護、野の守護、田畑の作り物、延命長寿、産業発展の守り神
<御神徳 品陀別命・彦狭知命>
健康、厄除け、家内安全の守り神、建築、技能、芸能の守り神


■所在地 京都府船井郡京丹波町曽根竿代二十九番地
※味夢の里から歩いて10分ほど